スキンケアのためのコラーゲンとヒアルロン酸

きれいなお肌になりたい人は、ヒアルロン酸と、コラーゲンを利用します。コラーゲンや、ヒアルロン酸を配合した美容ドリンクや、スキンケア用品などは、化粧品売り場に並んでいます。ヒアルロン酸やコラーゲンは、お肌にどのような作用があるのでしょうか。

肌というのは、表面の角質層と、奧の真皮層の二つの層になっています。ヒアルロン酸と、コラーゲンを必要としているのは、皮膚の奥にある真皮層です。肌のハリを保ち、しっとりとした肌になるたに、ヒアルロン酸の保湿力は役に立ちます。肌の保湿力は、ヒアルロン酸が抱え込んでいる水分の多さによります。ヒアルロン酸は、皮膚に細かく行き渡っているコラーゲンによってキープされています。

肌のハリを維持するコラーゲンは、細胞と細胞の間にあります。若いころの、たるみやしわのない肌は、コラーゲンが弾力を高めているからといえます。しわやたるみが多い肌は、コラーゲンが欠乏状態になって、肌の弾力がなくなっていることを意味します。年齢を重ねると、人の肌はしわやたるみが多くなり、老けて見えます。これは、コラーゲンやヒアルロン酸が、肌から失われているからです。

コラーゲンやヒアルロン酸が不足して、肌が乾燥すると新陳代謝が低下すると、新しい皮膚もつくられにくくなります。皮膚の新旧交代がうまく行われない状態が続くと、シミやくすみなど、皮膚から排出されるはずの色素が留まるようになります。シミやくすみが増えたように見えるのは、年をとって代謝が落ちたことが原因です。

弾力がなくなってしわやたるみが多くなるだけでなく、しみやくすみの増加も、ヒアルロン酸やコラーゲンと関係しています。

40代は保湿重視のオールインワンを選びましょう

コメントを残す