オイルタイプのクレンジングは肌の負担に!

厚く塗り重ねたメイクを洗い落としたい時は、洗浄力の強いオイルクレンジングがお勧めです。しかし、同時に肌に必要な潤いまで落としてしまうので、クレンジング後には肌につっぱり感が残ることがあります。

油分を分解する界面活性剤を含有しているオイルクレンジングは、油性のメイク汚れを簡単に洗い落とすと共に、皮膚の油分まで除去してしまうことがあります。油分を分解する界面活性剤は皮膚への負荷にもなりますので、敏感肌の人は界面活性剤が入っていないクレンジングが適しています。

オリーブオイルやホホバオイルなど界面活性剤を含まないオイルは、肌への負担が少ない商品として人気があります。どのようにしてクレンジングをするかを把握していれば、洗浄力が高くないクレンジング剤でも、洗浄効果は得られます。

蒸したタオルで顔全体を温めることで毛穴が開きやすくなり、中に詰まっていた汚れの落としが楽になります。湿らせたタオルをラップに包んで電子レンジで加熱すれば、簡単に蒸しタオルは完成します。顔を洗う時には、オリーブオイルを洗顔前に少量つけるといいと言われています。

まず手のひらにオリーブオイルを少量出し、顔全体を覆うように伸ばすことで、顔の汚れ落ちがよりよい状態になります。食用のオリーブオイルではなく、保湿成分が配合されているスキンケア用のオリーブオイルがおすすめです。洗顔の手順は省力化したいと思う人もいますが、肌の健康と美容のベースをつくるためにも、クレンジングオイルでのお手入れは入念に行いましょう。

オールインワン「シズカゲル」の特徴と口コミ

コメントを残す